講座的詰将棋出題ブログ

初心者~中級者向きの詰将棋を毎月出題します。

第2回解説

f:id:katsuaki3r0429:20170924184855j:plain

【第2回解説】

2三銀、1三玉、3一角、同飛、2二銀不成、同玉、2三金迄7手詰。

詰方12歩が11香で玉方42金がある図だと23銀に13玉は12銀成の手筋があります。
よって31玉、43桂不成、41玉、63角の筋で詰みます。
それだと63角を離して打つ余詰があるので、玉方 73歩なんかが必要です。
それとは別に23銀、13玉に12銀成が出来ないなら、31角、同飛、22銀不成の筋が閃いたので図化してみました。
12銀成の手を出来なくするには、11香を詰方12歩にすれば良い。
31玉は変同になるので割り切るには、42金を省く事で良さそう。

創作法としては閃いた筋を図化しただけのものです。
31角~22銀が味の良い手と思いますが、初手に23銀と打っているから更に感じが良くなる。
打っておいてから捨てるのは詰将棋創作技法の一つなので、これから詰将棋創作をしたいと思っている人は参考にして下さい。

第2回

f:id:katsuaki3r0429:20170829164539j:plain

第2回出題です。
感想・短評はコメントに。
承認制になっていますので、解説時に公開します。

第1回解説

f:id:katsuaki3r0429:20170821175810j:plain

【第1回解説】
1二角、1一玉、2一角成、同玉、1一飛、同玉、1二と迄7手詰。

2手目31玉は21飛、同馬、同角成、同玉、22と迄。
4手目同馬は12飛、同馬、同と迄。


☆初手12角は筋の悪い手で、11玉でどうにもならず、21角成と捨てるはめになります。
角の無駄使いのようですが、11銀がなくなります。
11銀がなければ、11飛が打て同玉の一手で12と迄の詰みになります。

☆最初の形は11銀が邪魔駒だったのです。
12角、11玉の局面になると12角が邪魔駒です。
21角成、同玉、11飛、同玉となると、その12角がない形になります。
このように最初の邪魔駒を消すのに、打った駒がさらに邪魔駒になるのは詰将棋創作の基本的手法なので覚えましょう。

☆次に創作講座です。
この筋は12玉の形で21角、11玉、12角成、同玉、11飛とする事も可能です。
最後21金では詰まないので角成にするのですが、21は金類で詰ます方法があります。
詰方14香・13桂の形で21桂成を両王手にするのです。
詰将棋作家を目指す方はそれで完成させてみて下さい。
すると、今、時の人の藤井四段と同じ作品が出来るでしょう。
その図は藤井四段の小学生の時の作品で将棋世界に発表されています。

第1回

f:id:katsuaki3r0429:20170801151218j:plain

このブログで初心者から中級者向きの詰将棋を出題します。
月の中頃に手順解説を書きます。
懸賞ではありません。
感想があればコメント欄にお願いします。